ありのままの自分を知っていく旅

明月(あかつき)です。気ままにブログを書いています。時々絵を描いて載せることもあります。hanabiさんのブログと自分さんの手記が私の愛ブログです。自問自答が好きです。

女神の練習を振り返る

 

 

 

hanabiさんのブログ記事

【 ★ご質問より「変化したときの周りの反応について」】を読みました。

そちらの記事を読んだら、私はどのように女神の練習してきたかなと、振り返ってみたくなりました。

( 今も練習を続けています)

 

 

服装は、hanabiさんに出会う前と出会った後では、ガラリと変わりました。

いつも同じようなタイプの服でオシャレを限定していたのが、色んなジャンルの服装を楽しめるようになりました。

でも最初は抵抗がありました。

今まで着なかったような服装をしている自分に、とても違和感を感じてしまい、なんとなく気分が沈んだり........

髪型も思い切って変えましたね。

ですが、違和感を感じまくりました。

恥ずかしかったけど、挑戦し続けました。

私の場合は自己価値が低かったので、周りの人は、私の変化にさほど興味を示さないだろうという思考があったので、そのおかげか?

違和感を感じながらでも、練習できました。

 

違和感を感じるほど、服装を変える練習をして、敢えて街のカフェに行ったりしました。

 

 

そんなある日のこと

服装も髪型もなんか私らしくないけど、( 周りから似合わないと思われているかもと、自意識過剰になっています)

そのうち慣れてくるだろうと、ある日カフェでお茶を飲んでいた時のことです。お店に2人のお客さんが入ってきました。

私の後ろを通って、私の近くに座ったのですが、何やら困っている様子の声が聞こえてきます.......

 

どうやら、コンセントの差し込み口が無い席だったようで、店員さんに尋ねられていました。

 

 

私はふと自分の席を見てみました。するとコンセントの差し込み口がありました。。。

私はコンセント使わないから、どうしよう?声をかけて見ようか........

 

女神練習中です。気になったら行動です。思い切って声をかけようと思い、その2人組みの方に顔を向けて目を合わせた瞬間、

 

 

 

 

ビックリしました。

 

 

 

 

 

そのうちの1人は、なんと

 

 

 

 

 

 

自分の身内でした。

 

 

 

 

 

 

え〜!(お互いです)

 

 

 

 

 

お店に入ってきた時、私に気づかなかったの?

と聞くと、

( 私の後ろを通って入ってきたので。

 私は、その2人が入ってきたのを気配と店員さんとの会話で知ったので、顔は見ていませんでした。)

 

 

 

その席に誰か座っていることには気づいていたけど

服装とか髪型とか違いすぎて、わからなかった〜

 

 

という返事。

 

同じ家に住んでいて、こんなことってあるんだと、ビックリした瞬間でした。

 

 

 

 

 

今でも、少しは周りの目を気にしていますが、気にしながら、違和感を感じながら、周りの反応が怖いって思いながら、それでも練習をすることに、慣れてきました。

だから、ドキドキしたり、勝手に恥ずかしがったり、ビクビクしたり、いつもしています。

 

 

笑われてもいいやって、開き直っている感じですね。

 

 

 

 

 

でも、こうして思い返したら、それらのことが楽しい思い出として蘇るから不思議です。

 

 

 

 

 

女神は1日にして成らずだと思って、行ったり来たりを繰り返しています。

 

 

 

たった今も........

 

1日に同じカフェに2回行くという行動を選択しています。

 

 

 

 

恥ずかしい。。。

暇人だと思われているだろうな。。。

 

 

 

と思いながらお茶飲んでいます。

 

 

 

 

 

明月でした。

読んで下さって、ありがとうございます。