ありのままの自分を知っていく旅

明月(あかつき)です。気ままにブログを書いています。時々絵を描いて載せることもあります。hanabiさんのブログと自分さんの手記が私の愛ブログです。自問自答が好きです。

この経験を大切に

 

こんにちは。

 

 

 

 

自分の一つの行動と結果に、焦点を当てすぎていました。

 

 

 

hanabiさんに出会う前の自分を思い出すと........

たった今の私は、その頃の私の願いをたくさん叶えてあげていました。その頃の私が今の私を見たら、その頃できなかったことに軽やかにチャレンジしている、まさに別世界の住人です。自分が憧れるパラレルワールドで暮らしています。

 

 

 

自分がやりたかったことから取り組み始め........

言いたいことを伝える練習........

それは仕事仲間であったり、違う立場の人間であったり、知らない人であったり、家族であったり。

 

 

 

そんな数々の小さなステップを経て、私はようやく好きな相手に本音を伝えることができたのでした。

絶対に言えないと思っていました。立場や環境もそうなんですけど、自分にそんなこと伝える資格はない、自分は価値が無いから本音を伝えても相手に迷惑をかけるだけだ、私の言うことなど聞いてもらえるはずがないと........自分の本音を隠して抑圧していました。少しでも関われるならいい、世間話でもできるなら十分だと、自分に言い聞かせていました。

自分の気持ちは墓場まで持っていくんだと、、、悲劇のヒロインになっているつもりだったかもしれません。

 

 

 

hanabiさんに出会って、自分の取り組みやすいことから行動していきましたが、相手に本音を伝えるということだけは、生きているうちに達成できないかもしれないと、大袈裟に感じるかもしれませんが、そのように諦めていました。それほど拒絶が怖かったです。拒絶されるくらいなら、本音を隠し続ける方を選択していました。

 

 

 

でも私の魂は、きっとありのままの本音を伝えたかったんだと思います。だからこそ私は、無理だと思いながらも、そこには手をつけませんでしたが、あらゆる他のパターンは変えていき、自分に向き合い続けました。他のことがどんなに改善されて心地よくなっても、hanabiさんのブログを読むことをやめられなかったのは、きっと、自分の本音を本当は知っていて、それがまだ達成できていなかったからだと思いました。

 

 

相手の方と関わる時間が減ってしまうという環境の変化が起きた時、自分でも信じられなかったですが、勝手に涙が流れているということを経験しました。子供の頃からどんなに辛くても、泣いたら負けだと、自分に強く言い聞かせてきました。だから驚きました。

 

 

 

 

 

 

私はなぜ泣いているのだろう?

 

 

 

 

 

 

それは、自分のありのままの感情を許せた瞬間であったようにも思えます。

ただ離れるのが辛い。ただ傍に居たかった。

そんなことで泣けるの?信じられない気持ちでした。

 

 

その時私は知りました。

人が真に求めるものって、案外シンプルなものだったということを。

 

 

私は、他者からの評価や、仕事の技術の向上や、安定したお金、常識ある行動、それらに価値を重く置いて生きてきたので、なぜ涙が出るのかわからなかったです。でも自分が真に求めていたものは、それらではなかったことに気がつきました。

そして、ずっと強がって生きてきた私でしたが、本当は弱かったんだということにも気づかされました。

 

 

 

相手を通して、初めて、これまで生きてきた自分に違和感を感じたことが、やがてhanabiさんとの出会いを引き寄せることになりました。

 

 

 

私は、私の本当にやりたかったことをやれた。ただそれだけでした。それが例え、周りからは評価されないことであっても、私は........よくできたねって言ってあげたいと思いました。この経験を大切にします。

 

 

 

 

 

 

 

そしてこれはゴールではなくスタートです。

 

 

 

 

 

 

ありのままに、自分の好きなことを選択していく人生のスタートを切りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお付き合い下さり、ありがとうございます。