ありのままの自分を知っていく旅

明月(あかつき)です。hanabiさんに出会い、愛について楽しく学んでいます。コメント欄を非公開から承認制に変更しました。(非公開希望の方は公開しませんので、コメント投稿時に教えて下さい)

月明かり

 

 

こんばんは。明月です。

 

 

 

今、綺麗な月を眺めながら書いています。

 

 

 

 

 

月のパワーから、これまで何度も勇気を頂いてきました。

 

 

 

6/7の記事

「優しさが沁みた日」にも書きましたが、月を見上げると、私の中にある...自分でも気づけていない潜在能力的なものが、月明かりとアクセスしているかのような感覚に陥ります。

 

 

 

そして、思ってもいないような独り言が、不意に出てきます。

 

時々。。。

いつもじゃないけど。

 

 

 

あくまでも、私の感じ方です。

私には、スピリチュアル能力はありません。

何も見えないし、何も聞こえない。

 

 

ただそのように感じるだけです。

 

 

 

普段は日常生活に忙しくて、目の前のことに必死な私です。

 

自分という人間が、意志を持って生きていると思っています。

 

 

ですが、このように月を見上げたり、自然に触れたりする時...

 

 

私は宇宙の産物であり、宇宙の一部分なんだろうなと、漠然と感じます。

私という小さな存在でも、ここにいることに価値があるような気持ちが発生してきます。

 

 

 

ドジをしたり、失敗したり、思い通りにいかなかったり、思わぬ方向に進んだり、

 

そんな私が、私として生きていることに意味があって、

ただそれだけが素晴らしい的な。

 

 

特別に活躍していなくても、

誰も私に注目していなくても、

なんだか孤独に思えても、

 

 

大きな力で見守られている気分。

 

 

 

 

先程、思ってもいないような独り言。。。と書きました。

 

そのほかにも、思ってもいないようなメッセージが、自分の心の奥底から生まれる瞬間があります。

予測不可能に。

突然。

 

 

 

hanabiさんのブログで学ぶうちに、自分の中の信じる世界が明確になってきました。

 

 

 

私は、パラレルワールド説を信じている1人です。

たくさんの自分が同時に存在している世界で、自分が最も望む世界の私から、導かれている気がしています。

その世界の私から、不意に届くメッセージなのだろうなと思っています。

メッセージが、具体的な映像のように届くこともあります。

 

 

 

そんなメッセージが湧いた時には、素直に信じて、素直に受け取るようにしています。

 

 

その瞬間は....まさかそんなわけ...?って思うこともありますけど。

 

 

でも、まさかそんなわけ...?

 

と 1年前に思っていたことを

 

 

自分が次々と実現させているのです、今。

 

 

 

その時は超えられない壁だったこと。

その壁を見上げて、瞬間的に壁の向こう側の世界を想像する。

 

 

 

 

まさかね....

いや、ないない。

 

 

無理。

 

 

と...最初は思います。

 

 

でも無理って想像したということは、すでにその時に壁を越えようとする自分を想像している。

確かに、その時の私には、まだその壁を越えるのは難しい。

 

 

だから、一旦引き返す。

 

 

 

真正面から無理矢理登っていかない。

 

 

 

自分のできることから始める。

 

 

 

その繰り返しですね。

 

 

 

 

こうしてブログを書いている世界を、

 

1年前には、壁の向こう側から見ていた私がいました。

 

 

 

そして書くことも

 

 

自分が意志を持って書いている気分になっていますが、本当はきっと書かされていると思っています。

 

 

違う世界の私に。

 

 

いつも、頭を空っぽにして肩の力を抜くと、

 

勝手にメッセージが送られてきている感覚で書いています。

 

 

 

書きながら、そうなんだねと、今の自分も知らされているような感じです。

 

 

日常的な出来事を書く時、確かに自分がその出来事を振り返りながら書きますが、それを書くつもりだったんだ、、、ということを書きながら知っていく。

 

 

 

 

 

月を見上げたら

 

 

今日はこんなことを書きました。

 

 

 

最後まで読んで下さってありがとうありがとうございます。