ありのままの自分を知っていく旅

明月(あかつき)です。気ままにブログを書いています。時々絵を描いて載せることもあります。hanabiさんのブログと自分さんの手記が私の愛ブログです。自問自答が好きです。

思い出ばなし

 

こんばんは。明月です。

ブログへお越し下さり、ありがとうございます。

読んで下さって、感謝です。

 

 

 

 

 

お腹空きました。

ご飯食べたのに。

 

 

 

 

 

 

 

茶◯◯◯様から、初コメントを頂きました。

 

素敵なブログと言って下さり、

少々気分が上がりました。

 

 

そして驚いたことに、、、

 

 

現実世界では、

親しくなった人達にはよく言われる

 

 

テンネン...

 

 

を、茶◯◯◯様に見抜かれていました。

なぜ..分かったのですか?

鋭い洞察力ですね。

 

 

驚いてしまい

寝落ちしそうだったのに

おかげ様で、目が覚めてしまいました。

ありがとうございます。

 

 

 

最近の私は

失敗続きの連続です。

恥ずかしい明月を

現実世界で晒し中。。。

 

 

家に帰ると

 

そんな自分に寄り添い中。。。

 

 

あ〜

 

 

もっとしっかりしたい。

 

 

今日は

 

45分タイマーをかけ

効率よく動けないものかと

家で自主練をしていました。

 

 

いじけモードなので

 

過去の自分への

否定的な言葉ばかり思い出します。

 

 

これは、

私が自分に否定的な言葉を伝えたわけではなくて

現実世界で

自分に言われた言葉を

思い出しているという意味です。

 

 

ただし...

 

 

過去と言っても

小学生の頃の話なので

 

 

まだ根に持っているの?

って感じですが。。。

 

 

 

 

「  新聞記者は、命を落とす危険があります  」

 

 

小学生の頃

無理矢理提出させられていた日記。

当時、壁新聞係だった私は

新聞記事を書くのが楽しくて

ふと湧いた夢を日記に書いた。

 

 

先生、新聞記者になりたいです。

 

 

返ってきたノートに

赤ペンで書かれていたのが

その言葉。。。

小学生の私には

衝撃的すぎて怖かった。

なんだか否定された気分になった。

 

 

 

「  そんなの、ご飯を食べていけるわけがない 」

 

 

物語を書くのが好きだった子供。

そんなにうまくは書けていないけど

友達から

 

明月ちゃん、続きが読みたい

 

そう言われて

調子に乗った。

 

お母さん、私小説家になりたい。

 

そんな私の発言に

超現実的な答えが返ってきて

やや悲しかったな。

 

 

 

子供の頃

近所の人がサツマイモをくれた。

そのサツマイモは

ビックリするほど美味しかった。

その美味しさを伝えたくて

学校へ提出する日記に..こう書いた。

 

 

先生、昨日サツマイモをもらいました。

そのサツマイモは

まるで栗のように美味しかったです。

 

 

 

先生から返ってきたノートを読むと...

 

 

 

「  サツマイモが

栗のようなわけがない!

勘違いしたのではないですか? 」

 

 

ありのままの気持ちを

 

 

伝えない方がいいんだと

学んだ子供時代でした。

 

それとも単純に

私は先生に嫌われていたのかな?

 

 

今でもこんなに覚えているということは

 

 

私って..かなり執念深い...

 

 

ではなく

 

 

よほど悲しかったのでしょうね。。。

 

 

 

最後までお付き合い下さり

ありがとうございます。

 

 

 

ーーーーーーーー

 

【  あかつきひとりごと  】

 

 

アイビスペイントで遊びたくなった。

きの◯ちゃんに相談した。

 

 

実際挑戦したら

難しかった。。。

 

 

【  あかつき 絵画展  】

 

 

言い訳させて下さい。

 

スマホで指で描きました。

 

本当は

 

もっと上手いはずです。。。

 

 

楽しみます。

 

 

 

 

 

 

f:id:a91n52:20190916235431p:image

 

  

よく載せたね。。。