ありのままの自分を知っていく旅

明月(あかつき)です。hanabiさんに出会い、愛について楽しく学んでいます。コメント欄を非公開から承認制に変更しました。(非公開希望の方は公開しませんので、コメント投稿時に教えて下さい)

体験談

 

おはようございます。明月です。

ブログへお越し下さり、ありがとうございます。

読んで下さって、感謝しております。

 

 

 

 

まだ覚醒し切れていない頭で

ぼーっとしながらこの記事を書いています。

 

 

少々の空腹感を感じながら。

 

 

 

こんなに早朝からお腹が空くなんて。

 

 

 

身体は常に動いているのですね。

寝ている間も。

 

 

 

 

 

*******

 

 

11/5の記事にも書いたけど

最近..再び

涅槃の書自分さん

のブログを読むようになりました。

 

 

hanabiさんのブログで学んでいる途中に

出会ったブログでした。

 

 

あの頃は

今思えば、何がそんなに苦しかったのだろうか?

と思ってしまうほど...

 

 

それまで抑え込んでいた

過去の全ての闇に沈んでしまう..

そんな日々を送っていました。

 

 

一つのことにしか意識を向けられずに

些細なことに一喜一憂し..

心が満たされたようですぐに乾く

 

 

その心を満たすために

自分が欲しい言葉を探していましたね。

 

 

 

hanabiさんにも、自分さんにも

よく出会えたなと思います。

出会いに感謝しています。

 

 

自分さんに出会った頃の私は

自分さんの数多くの手記の中の

恋愛の部分だけ必死に読んでいました。

 

 

 

他の手記を読んでも

難しすぎてさっぱりわからなかったから。

 

 

 

最近再び読むようになって

あんなに難しいと感じていた内容の全てが

腑に落ちているのですよね。

これも

hanabiさんのブログで学び続けたおかげかな。

 

 

 

 

 

 

 

昨日の記事にも書きましたが

自分を客観的に見るって難しくて。

 

 

 

イメージとして

幽体離脱したような感じで

自分だと思っている明月という人間を

観察する練習をしていますが、、、

 

 

 

仕事をしている時って

常に時間をチェックするので

そんなことも忘れて焦ったり

過去の不快なパターンを思い出したり

そんなことを繰り返しています。

 

 

 

それに幽体離脱をしたことがないですしね。

 

 

でも一度だけ

それに近い体験をしてことがあって..

昨年だったかな?

 

 

 

 

半分眠りながらの体験でしたが

 

 

自分の身体からものすごい力で

何かが飛び出ようとしているのですよ。

もう抵抗できないほどの

強い引力のような

体験したことがないものでした。

 

 

 

 

なんとなくですが

これは魂が抜けようとしているのかな

と感覚的に自分で納得してしまいました。

 

 

同時に

思考がそのことに

多大なる恐怖を浮かべ、その力に抵抗する。

 

その間はまるで

綱引き状態でしたね。

 

 

 

両脇を

後ろから誰かに持ち上げられて

強く引っ張られているような感じ。

もう抵抗できなくて。

 

 

 

寝ぼけていたと言えばそれまでですが..

今でもはっきり思い出せるのですよね。

 

 

 

寝ている間って、

魂が充電しに出かけるっていう話を

私は信じていて..

 

 

 

私の身体が寝たから

出かけてこようとした私の魂に

私が気づいてしまったのかな?

 

でもその気づいた時点の私はどっちなの?

と考えだすとキリがないので

やめておきますけど。

 

 

 

私はまだ寝ているけど

完全に寝ていなかったんだよ

 

そうか

いつもこうやって抜け出していたんだ、、、

 

なんだか舞台裏を見てしまってごめんね〜

と思った体験でした。

 

 

 

話しが逸れましたが

幽体離脱とまでもいかない体験を思い出し

自分を観るって

難しいなぁと言いたかっただけでした。

 

 

 

 

さぁ

今日も働いてこよう。

 

 

 

最後まで読んで下さって

ありがとうございます。

 

 

 

ーーーーーーーー

 

 

☆コメントありがとう

 

 

 

f:id:a91n52:20191119053241p:image

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

ーーーーーーーー

 

〜あかつきお絵描きタイム〜

 

 

 

f:id:a91n52:20191119053601p:image

制作時間36分

 

 

 

やや苦労しました

 

まだまだ手を加えたかったのだけど

 

 

力尽きました