ありのままの自分を知っていく旅

明月(あかつき)です。気ままにブログを書いています。時々絵を描いて載せることもあります。hanabiさんのブログと自分さんの手記が私の愛ブログです。自問自答が好きです。

愛が増える時間

 

 

 

 

おはようございます。明月です。

ブログへお越し下さり、ありがとうございます。

 

 

 

初めてお越し下さった方、

明月ブログを見つけて下さって嬉しいです。

 

 

 

また

以前から読んで下さっている方や

スターで励まして下さる皆様にも

感謝しております。

いつもありがとうございます。

 

 

 

*******

 

 

 

癒す...

 

というとについて考えました。

 

 

自分の過去の傷を癒す

 

 

アダルトチルドレンとか

インナーチャイルドとか

よく聞く言葉ですね。

 

 

親に肯定してもらえなかった経験が

そのまま大人になって影響を与える。

 

 

ちょっとざっくりすぎる説明でしたが。

 

 

自分がそれに当てはまっていたとしても

今の私は、そのことには興味が湧きません。

 

 

 

 

どんな呼び名がついても

私は私。

色々な言われも

時代と共に変化していきますからね。

 

 

 

傷を癒すっていうのは

簡単ではなくて、、、

 

 

過去記事にも書いていますが

私のような

子供の頃、虐待された経験がある人は特に。

 

 

そこを直視するには

ものすごい勇気が必要です。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが

清水の舞台から飛び降りるかのような。

 

 

本当は

 

虐待という言葉さえ聞きたくない

 

 

でも連日

ニュースでも大きく取り上げられますね。

 

 

 

傷が癒えていないと

そのたびにドキドキする。

でもそのことを周りに知られたくないから

ドキドキすることから目を背けて

むしろ平気なフリをする。

 

 

 

そうして

自分の心を偽り続ける。。。

 

 

これはあくまでも

私の経験談からの意見なので

疑問を感じる方は流して読んで下さい。

それについて

何が正しいかなど

議論することに意味を感じません。

 

 

虐待そのものの行為も辛いですが

何よりも

どんな私でも受け入れて欲しかった

どんな私も肯定して欲しかった

 

 

このように

親に愛されたかったという気持ち

 

 

そんな

愛が欠落したかのような気持ちが

大人になっても癒されないままに

自分の胸の奥底で

くすぶり続けていきます。

 

 

子供の頃に愛情をかけられるって

本当に大切だと思いました。

なぜなら私は小さい頃から

自分と周りの友達の

心の在り方の違いに気がついていたので。

 

 

 

 

温かな家庭で育ったら

子供ってこのように育つんだ

 

 

 

幼い私は、自分なりに

そのことも理解していました。

 

 

 

 

明かに、私は変だ。

 

 

 

 

これは

比べる対象があったからこそ

できたことでしたけどね。

 

なので

羨ましかった周りの友達という存在にも

感謝です。

 

 

 

 

 

その経験をした私は

 

虐待はダメです

 

なんてこと

簡単には言えないです。

 

 

もちろん良いとは思っていないですよ。

当たり前です。

良いわけがない。

無くなった方がいい。

 

 

 

ただ私が納得したのは

虐待も一つの愛のカタチだったと言うこと。

理解するには難しすぎる愛だったということ。

 

 

 

 

そして

なぜそんなことをしてしまうのか、、、

 

 

 

 

ここは計り知れないことですが

人間の心とは

時にそのようなこともできてしまうんだ...

ということが

私が学んだことです。

 

 

 

これは

連日ニュースでも報道されているような

虐待で命を落とされている方たちに

 

 

それも仕方のないことだと

言っているわけではないですよ。

 

 

 

私の中で経験したことを

私の言葉で綴っているだけ。

同じような経験をされていても

違うことを感じる場合も

大いにあるでしょう。

人それぞれなので。

 

 

それにより

極端に本質をずらした議論や

過剰な反応はしないで下さいね。

 

 

 

今私が

このような記事を書けているということは

私の傷も癒えてきているという証拠です。

 

 

 

ここも

hanabiさんのセッションを受け続け

怖かったけど

触れたくなかったけど

 

敢えて

自分の中のパンドラの箱を開け

向き合ってきたことでした。

 

 

 

 

 

急に呼んでごめんね。

 

 

 

 

honeyhornet 様

 

以前教えてくれたこと

 

 

絵を描くって

自分が癒されていくことを実感できます。

 

 

 

私の場合は

特に色を塗り重ねている時、、、

 

 

自分の中の愛が増えていく感じ。。。

 

 

優しくて穏やかな愛のオーラに

包まれていくような感じで

そこにいることが幸せって気分になります。

 

 

なのでこれからも

自分を癒すために

お絵描きを続けたいなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

そして

私はそんな経験をしたくなかった

幸せな家庭に生まれ

優しい両親に愛されたかった

と、長く思ってきましたが

今の私は違います。

 

 

そんな経験をした私だからこそ

伝えられる言葉もあるし

見えた景色もあると

そう思っていますよ。

 

 

だから

私は不幸でも可哀想でもないのです。

 

 

 

 

最後まで読んで下さって

ありがとうございます。

 

 

 

 

ーーーーーーーー

 

 

☆コメントありがとう

 

 

 

 

 

f:id:a91n52:20191121090024p:image

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

ーーーーーーーー

 

〜あかつきお絵描きタイム〜

 

 

 

 

 

 

f:id:a91n52:20191121090111p:image

タイム44分

 

 

 

時間をかけても

うまく表現できず、、、

悔しいな

 

 

でも愛は増えた