ありのままの自分を知っていく旅

明月(あかつき)です。hanabiさんに出会い自分と対話をすることを学びました。日々自分を振り返り、気づいたことを自分自身に向けて書いていきます。ご訪問ありがとうございます。

祖父を思い出す

 

 

こんばんは。明月です。

 

 

あかつきありのままブログへようこそ。

 

 

 

ご訪問に感謝致します。

ありがとうございます。

 

 

 

 

********

 

 

今日、あるブログ主様の

戦争について書かれていた記事を読みました。

 

 

そちらの記事を読むと

亡くなった、母方の祖父のことを

思い出してしまいました。

 

 

 

 

思い出しだと言っても

私が思い出すのは、写真の中の祖父だけ。

実際には会ったことがないからね。

 

 

それと

母のはなしから聞く祖父という人物像。

 

でも母も、当時は祖母のお腹の中にいたので

自分の父は生まれた時からいなかったわけです。

祖母から聞かされていたのでしょう。

 

 

 

 

祖父の人物像を聞けば聞くほど

 

 

会いたかったな

なぜ生きていてくれなかったの?

 

 

色々と話しをしてみたかった、、、

 

 

子供の頃には、

写真の中の祖父を見て、そう思っていました。

 

 

 

故郷を離れると

お墓参りにも帰らなくなり

いつしか...思い出す回数も減ってきました。

それでも、忘れたわけではなかったのですが...

 

 

 

 

 

ブログ巡りをしていて

戦争の記事に強く引き込まれたことが

自分でも驚きでした。

 

 

 

 

もっと詳しく

祖父が亡くなった時のことを知りたい..

という思いが湧き、、、

思わず、すぐに母に電話をしたのでした。

 

 

 

 

子供の頃から何度も聞かされていたはずなのに

なぜかぼんやりとしか覚えていなかった。

久しぶりに電話をして聞いてみると

 

 

 

あ〜

そうだったなと思い出してきました。

 

 

 

戦争中に、海の上で亡くなったのですが

慰霊碑が建てられているその土地に

なぜかすごく..行ってみたくなりました。

 


今まで一度も

そんなことを思ったことがなかったのに。

 

 

ちょっと遠いけれど。

 

 

 

これまでも

祖父が直接亡くなる原因となった戦争のことを

全く調べたことが無かった。

 

 

 

初めてネットで調べたら

祖父が無くなった命日の日が

米艦より撃沈された日と同じだった。

当たり前だけれど

今の今まで調べたことがなくて

ちょっとビックリでした。

慰霊碑には

犠牲者の名前も刻まれていると書かれていた。

 

 

 

祖父の名前をこの目で見たい。

 

 

 

遠い存在だったけれど

その瞬間

何とも言えない気持ちが込み上げてきて

祖父を近くに感じました。

 

 

 

その土地に行きたいって思う気持ちが

強く湧いてきました。

 

 

 

 

最後まで読んで下さって

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーー

 

 

☆コメントありがとう

 

 

 

f:id:a91n52:20191223232212p:image

 

 

 

 

 

 

f:id:a91n52:20191223232228p:image

 

 

 

 

ありがとうございます

 

 

 

 

 

ーーーーーーーー

 

 

〜あかつきのイラスト〜

 

 

 

f:id:a91n52:20191223234026p:image

16 

 

 

のり