ありのままの自分を知っていく旅

明月(あかつき)です。hanabiさんに出会い、愛について楽しく学んでいます。コメント欄を非公開から承認制に変更しました。(非公開希望の方は公開しませんので、コメント投稿時に教えて下さい)

お山さん

 

 

 

こんにちは。明月です。

 

 

 

あかつきブログへお越し下さり

ありがとうございます。

 

 

 

 

今日はとても風が強いです。

しかも湿った風ですね。

 

 

 

最近は湿度も低くて

とても過ごしやすかったけど

今日は湿度が50%もあって

昨日より20%もアップしています。

 

 

そして心地良い風というよりは

かなりの強風です。

 

 

レースのカーテンもヒラヒラどころか、、、

舞い上がっていて

それをずっとキープしている状態です。

 

 

 

だからこそ

普段いつも心地良い風を運んでくれる

目の前のお山さんをスケッチするには

絶好のチャンスだなと思いました。

 

 

 

 

四季の彩りを見せてくれ

月が見える頃には

主役の月の輝きをサポートしてくれる

準主役のような存在...

 

 

そんな

いつもお世話になっている

目の前のお山さんに敬意を込めて

スケッチをしてみました。

 

 

 

 

 

思い返せば小学生の頃

秋の恒例行事として

校内スケッチ大会という行事がありました。

 

 

2日間ほどかけたかな?

詳細は思い出せないけど

3、4時間目の授業をそれにあてたりしてたと思う。

 

 

 

校外に自由に出れて

時間内に描けるならば

どこに行って描いてもよかった。

 

 

確か給食までに戻れば良かったから。

 

 

だから

絵の得意な男子なんて

ものすごく遠くまで行くものだから..

 

先生方は

スケッチの時間内に

生徒がどこまで行ったか....
ひたすら探し回るという

なんとも効率の悪い感じではありました。

 

 

 

 

〇〇君が見つからない....

 

 

 

なんて言って

先生が必死に探していたりして..

 

 

 

そういう子は

絵が上手い子が多かったな。

こだわりの場所を探して

集中して描くからね。

 

 

 

 

 

腕時計もしていないから

時間が近づいたら

先生が声をかけて歩いていました。

 

 

 

 

私は..というと

とりあえず退屈な授業がないだけで

外に出られるだけで楽しかった。

 

 

 

 

 

授業は全然面白くなかったけど

授業中は

静かに聞いたフリをするのが得意な子でした。

 

 

 

 

休み時間はうるさいけど

授業中は静かだねと

よく言われていました。

 

 

本当は静かじゃなくて

あまりにも退屈していたんですよ。。。

 

 

 

授業を脱線させるような

芸やネタも持ち合わせていなかったし

先生に絡むのは嫌いだったしね。

 

 

 

 

 

話しを戻しますが

 

 

 

外に出るのが嬉しかったはずなのに

私はいつも

学校の目の前でスケッチをしていたんですよね。

 

 

 

多分場所を探すのが面倒だったのと

帰るのに楽だったからかもしれない。

 

 

 

早く座って

友達とお喋りしたかったのかも。

 

 

 

 

スケッチそのものは

どうせ上手く描けないからと

力も入れてなかったな。

 

 

入賞とか選ばれる人は

大体いつも同じメンバーでしたね。

 

 

 

その頃は

真面目にスケッチしなかったけど

今日は一応..真面目に描いてみました。

 

 

いつもありがとうの気持ちを込めて。

 

 

新月も過ぎたから

 

あの山の向こうから

やがて見え始めるお月様に会えるのが

楽しみです。

 

 

 

 

満月は7/5なので

もう少し先ですけどね。

 

 

 

最後まで読んで下さって

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:a91n52:20200624111851p:image

51分

 

 

油彩ブラシを使いました

雲の部分は

雲ブラシを使っています。

 

 

 

 

 

 

ちょっと変な絵に見えるかもしれませんが..

 

 

 

 

ほんと....変な絵ですね。