ありのままの自分を知っていく旅

明月のアトリエ ~私の個性が出る空間~

緑色の雲

 

 

 

 

 

 

 

f:id:a91n52:20230212220946p:image

 

 

 

 

 

 

 

半年前に見た夢なので、細かい部分は思い出せないですが

 

突然、引っ越しの下見をした方が良いだろう誰かにと言われ

出かけることになりました。

その夢の中で私を案内してくれた人がいるのですが、

何となく..知らない男性だったような気がします。

 

でも..マンションなどの物件を探す感じでは無かったです。

どちらかというと、新しく住む地域?を探す感じでした。

 

 

気がつくと、山の上の方にいました。

案内人さんから

「ここからは、車はこの上には上がれないので、ここに車を置いて歩いて上がっていきます。」と言われました。

そこから先は道路が渦を巻いた感じで続いていて、車が通れる幅が無かったです。

私は案内人さんに「車で行けない所には住めないです」と伝えました。

 

その時、山の頂上近くのロープをつたって、街に下山している人々を見かけました。

ロープをつたってと言っても、ロープの上を匍匐前進するような感じです。

命綱も無く...

山の頂上近くは雪が積もっていました。

案内人さんが、

「この辺りに住む方々は、あのようにして移動されています」と説明してくれました。

私は

「ちょっと不便そうだからここは嫌です」と言いました。

 

 

それからどこかに移動したと思います。

 

ふと空を見上げると

なんと太陽がハートのカタチをしていました。

私はとてもビックリして、

案内人さんに「太陽がハートですよ!」と言いました。

 

 

 

 

f:id:a91n52:20230212215705p:image

(31分)

 

案内人さんは無言だったような気がします。

 

 

いつのまにか車で移動していたと思います。

 

 

 

今度は車窓から、緑色の雲が見えてきました。

 

私は、見たことの無い景色に驚き過ぎて、、、声も出なかったです。

ただただ、見惚れていました。

(こちらの世界は雲が緑色なんだな..)と思いながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:a91n52:20230212220157p:image

(57分)

 

 

そのあと移動するごとに、見たことの無い景色を見続け

深い感銘を受けたことが記憶に残っています。

 

 

結局、良い引っ越し先は見つからず..家に帰ったと思います。

 

 

思い出せる景色だけ描いてみました。

 

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございます。